相続放棄の手続きは個人でできる?

subpage1

相続で受け取る遺産は預金や不動産といった嬉しいものばかりではありません。

中には絶対に受け取りたくないものまで相続対象になってしまうこともあるのです。

そう、借金です。

相続放棄の情報を提供しているサイトです。

相続というとドラマでは多額の遺産が転がり込んできてという流れで描かれることもありますが、現実はそんなに都合の良い話ばかりではありません。


相続はその人のプラスもマイナスも併せて受け取るということですから、被相続人に借金があれば合わせて相続することになります。例えば預金が一億あって、相続対象がその預金だけであれば、確かに身近な人が亡くなることは悲しいことではあるのですが、まだ安心、ほっと胸を撫で下ろし、自分の今後の生活に有り難く使わせてもらうだろうと考える方も多いでしょう。

しかしこれが預金がゼロで借金が一億円だったらどうしますか?自分の借金でもないのに、相続人はいきなり多額の負債を背負って、人生の底なし沼に転がり込むということになりかねません。



そこで用意されている制度が相続放棄です。
相続放棄は主に遺産の中にマイナスが多い時に有効な手続きです。


不動産や預金は受け取りたいけれど借金はいらないという都合のいいことはできません。
プラスもマイナスも合わせて、相続そのものを放棄することになります。

T-SITEについて詳しく知りたいならこちらのサイトがお勧めです。

だからこそマイナスが多い時に使える手段というわけですね。


この相続放棄は裁判所で手続きすることによってしかできません。

手続きは必ず法律家にしてもらってくださいという決まりはありませんので、個人で裁判所に足を運び、書類を準備することによっても可能です。
ただし期限がありますので、難しいと感じたら法律家に相談するのが無難です。

身に付けよう

subpage2

相続放棄とは、相続のプラスもマイナスも併せて全て放棄することをいいます。相続というと多額の預金や不動産が手元に転がり込んでくるような印象があるかもしれませんが、現実はドラマのようにはいきません。...

next

おすすめ情報

subpage3

相続放棄とは、主に遺産にマイナスが多い時にメリットのある手続きです。借金が多いなら相続放棄をするといいという言葉を耳にしたことのある人も多いのではないでしょうか。...

next

身になる知識

subpage4

相続放棄とは、相続そのものを放棄する手続きです。預金や不動産、有価証券などは相続して嬉しいプラスの財産ではないでしょうか。...

next

1から学ぶ法律

subpage5

相続放棄とは、読んで字の如く相続自体を放棄することをいいます。遺産相続といえば預金や不動産といったプラスばかりが転がり込む印象がありますが、決してそうではありません。...

next