相続放棄の手続きにはどんなメリットがあるの?

subpage01

相続放棄とは、相続そのものを放棄する手続きです。
預金や不動産、有価証券などは相続して嬉しいプラスの財産ではないでしょうか。


しかし相続の対象になるのは何もそういった嬉しいプラスの財産だけではありません。未払いの料金や借金といったマイナスも相続の対象になります。
相続とは財産を得ることではなく、亡くなった人をそのまま受け継ぐようなものと考えればわかりやすいのではないでしょうか。


マイナスも相続対象ですから、被相続人に借金や未払いの料金が多いと、相続人はいきなり多重債務者になりかねません。



今まで自分でこつこつ働いて貯めていた預金が相続のせいでゼロになってしまうことだってあり得ます。

だからこそ、マイナスの多い相続に関しては相続放棄の手続きが有効です。

裁判所でしか手続きできない代わりに、マイナスの多い相続を放棄することができるのです。

第一のメリットは、このようにマイナスの多い相続に対し非常に効果的であるというところがあげられるでしょう。

しかし相続放棄のメリットはそれだけではありません。

世の中には遺産相続で揉めてしまうケースが決して少なくありません。

親族同士で大喧嘩に発展することもあります。

揉め事には関わりたくないなという方もいらっしゃると思います。
揉め事に関わって疲れるくらいなら遺産なんかいらないと思う方もいるはずです。



そこで使えるのがこの相続放棄です。相続自体を放棄してしまえば「相続ならぬ争続」に巻き込まれないというメリットがあります。