相続放棄の手続きはどこでするの?

subpage01

相続放棄とは、相続のプラスもマイナスも併せて全て放棄することをいいます。相続というと多額の預金や不動産が手元に転がり込んでくるような印象があるかもしれませんが、現実はドラマのようにはいきません。

預金や有価証券、不動産といったプラスの遺産だけでなく未払いの料金や借金なども相続対象になるため、ある日突然何も借金などなかったはずの人が相続によって多重債務者になる可能性もあるのです。



例えば、父親が数社から数千万円のお金を借りていたとします。

YOMIURI ONLINEの欲しい情報が手に入りました。

相続人である息子は父親の家と預金百万円を相続すると同時に数千万円の負債をも相続することになります。


自分の作った借金じゃないのに!と思うことでしょう。


額によっては息子の人生が借金を返済するだけのものになってしまいます。
だからこそ、マイナスが多い時は相続放棄をすることにメリットがあるのです。
相続放棄とは、相続そのものを放棄する手続きです。

預金と不動産は欲しいので借金だけ放棄するという都合のいいことはできません。

相続放棄の役立つ情報をお探しの方にお勧めです。

プラスもマイナスも併せて放棄しなければいけません。
また、手続きは裁判所でしかできません。

裁判所に必要書類を提出することにより、相続そのものを放棄してしまいます。本来、借りたものは返さなければならないのが筋です。

しかし相続によりいきなり自分のものではない借金を背負わなければならないことを考えると気の毒ということもあり、裁判所で手続きをすることでのみ救済措置を取っているわけです。