相続放棄の手続きはどうやるの?

subpage01

相続放棄とは、読んで字の如く相続自体を放棄することをいいます。遺産相続といえば預金や不動産といったプラスばかりが転がり込む印象がありますが、決してそうではありません。


被相続人の残したマイナスも等しく受け継ぐことになるのです。マイナスとは借金などのことです。

2ちゃんねるは人気のテーマです。

預金や不動産は欲しいけれど借金はいらないから相続したくないという都合のいい話は残念ながら通用しません。


プラスも相続するならマイナスも受け継ぐことが相続です。
しかし、預金が一千万円あって借金が二百万円ということであれば決して総合的にマイナスになるわけではないので、相続をするのもいいかもしれないと思いますよね。


しかし世の中はこういった総合的にプラスになるようなケースだけではありません。

預金が百万円で借金が一千万円だったとします。これは確実なマイナスですよね。

相続は借金も預金も受け継ぎますから、結果的に相続人は相続によっていきなり多額の負債を背負ってしまうことになります。これはあんまりです。

だからこそ存在するのが相続放棄です。


相続放棄はマイナスだけ手放すのではなく、預金や不動産などのプラスも併せて全て放棄する手続きになります。
マイナスが多い時に使える手続きです。
相続放棄の手続きは裁判所で行います。


自分で勝手に放棄すると主張しても意味はなく、裁判所が必ず関与することになります。



その際に必要書類の提出が必要になり、裁判所に認められると相続放棄が完了します。

相続放棄の手続きの補足説明を致します。

手続きには期限がありますので、難しそうと感じたら司法書士や弁護士にすぐに相談するのがよいでしょう。