相続放棄の手続きは難しい?

subpage01

相続放棄とは、主に遺産にマイナスが多い時にメリットのある手続きです。



借金が多いなら相続放棄をするといいという言葉を耳にしたことのある人も多いのではないでしょうか。

日本経済新聞の有益な情報を提供します。

相続放棄は預金や不動産、有価証券といった遺産の中のプラスも含めマイナスである借金などを全て放棄するという手続きです。

この手続きをすることにより多額の借金を相続することを回避することができます。



借金があれば必ずしなければいけないというわけではないですし、した方がいいとも言い切れません。しかしマイナスが多いのであれば、検討すべき制度の一つであると言えます。


相続の放棄は裁判所でしかできません。
「遺産はいらないと他の相続人に言ってある」と口でどれくらい言ったとしても裁判所でしかできません。必ず裁判所が関与すると思えておく必要があります。

口で言っても手続き完了とはならないということです。
必要書類を裁判所に提出し、きちんと裁判所から相続放棄を認めてもらって初めて完了となります。相続放棄は必ず法律家にしてもらってくださいという決まりはありませんので、個人で裁判所に足を運び、必要書類を提出することによっても可能です。ただし、裁判所が関与するとなるとどうしても難しそうという印象があると思います。

特に相続人の数が多い、遺産がプラスもマイナスも多く複雑ということであれば、なおさら難しく感じられるかもしれません。

手続きには期限が設けられています。
難しく感じるかどうかは個人差がありますが、時間が取れない、よく分からないということであれば、法律家に相談するか代理してもらった方が安心です。